幸せが逃げる?! NGメイク

眉毛は重要

人の印象はメイクによって大きく異なります。
女性らしい雰囲気の人もいれば、キリッとしたキャリアウーマン風のメイクが好きな人もいます。
誰もがメイクをするときには、きれいになりたいと思っています。
自分は好きでやっていることでも、風水的には幸せを逃してしまっているメイクをしている可能性もあります。
そこでどのようなメイクが風水的にNGなのか知っておくと運気が上がるかもしれません。

メイクの仕方で雰囲気は大きく変わりますが、その中でも重要な役割を果たしているのが眉毛のメイクです。
眉毛は人相の中でも、家族運、結婚運、金運を示すパーツといわれています。
眉毛はきっちり整えたいという人が多いですが、眉毛を抜く人や眉毛を細くしすぎてしまう人もいます。
このように眉毛を整えすぎてしまうと運気の入り口が狭くなってしまい幸せが逃げてしまうといわれています。

眉毛は自然な形のまま、長さだけを整えていくと結婚運や家族運が高くなります。
また眉毛が極端に下がっている困り眉も、自己中心的になるといわれ人間関係や恋愛運が低下してしまいます。

ベースとなる顔の色目

化粧をしている人の中で、首から上の顔の部分が白くなってしまっている人を見かけたことがあるでしょう。
肌の色は人によって異なります。
自分の肌の色に適したものではなく、白くなりすぎてしまうと風水的にどのような影響があるのでしょうか。
顔の色が違いすぎてしまうと、運気全体が悪くなってしまいます。
そのため自分の肌に合ったものを選びましょう。

顔全体のメイクの中で、頬や鼻に影を作るシェービングをする人がいます。
頬の部分は対人運や人気運を表す場所になります。
その部分に影を入れることで、対人関係や人気の低下につながってしまいます。
また鼻の近くに影を作りすぎてしまうとプライドが高い女の人というイメージが強くなり注意が必要です。

アイメイクも要注意

メイクの中でも重要視する部分としてアイメイクがあげられます。
くっきり大きな目が魅力的と思われる傾向があり、まつげのエクステやアイメイクをはっきり書く人が増えています。

特に目を大きく見せるためには、目の周りをアイラインで囲む人が多いです。
囲みメイクといわれ、昔から風水では魔除けという意味があります。
魔除けであればよい効果なのではと思いがちです。

しかし普段から毎日行っていると、魔除けの効果が強すぎてしまい出会いが遠のいてしまいます。
特にアイラインを太く書く癖がある人ほど、魔除けの効果が高まるため注意しましょう。
毎日囲みメイクをするのではなく、上まぶただけもしくは目尻だけなど部分的に行いましょう。
また色目も黒ではなく、ブラウンなどを選ぶとはっきりしすぎないため運勢が上がるといわれています。