運気をダウンさせる行為 ~リビング編~

リビングの窓に要注意

リビングは一日の生活の中で中心となる場所です。
その空間の運気は一日の運気といってもいいほど大事なものです。
リビングは家族が集まる場所でもあり、来客が着たときには出迎える場所になります。その場所の運気が悪くなってしまうと、対人関係や夫婦関係自分自身の運気にも大きく影響が出てしまいます。

リビングは生活の基盤となる場所になるため、様々なものがあります。
そこでリビングにあるものの中で、何をどう気を付けたらいいのでしょうか。

リビングで注意すべきものはリビングの窓です。
リビングの窓が汚い状態や閉めっぱなしになっている場合は要注意です。
なぜなら風水では、玄関に次いで窓はとても大事な意味を持っているからです。

窓は外から良い気や陽気を取り入れる場所になっています。
そのため窓が汚れていると外の良い気が汚い窓を通ることで悪い気となって家の中に入ってしまいます。

また窓を開けないでいると家の中に良い気が入ってこなくなります。
空気は気と同じようなもので、いい気を取り入れようと思えば窓を開けて空気を入れるという行為が必要になります。
なるべく窓を開ける習慣をつけて、良い気をたくさん取り入れる機会を作りましょう。

リビングの家具に注意

リビングの家具は人によって好みや置き方なども異なります。
どんなものでも好きな置き方がいいと思っている人もいるかもしれません。
しかし風水的に見て気を付けた方がいい家具がいくつかあります。

それはソファーです。
ソファーはリビングの中でくつろぎたいと思う場所となっています。
しかし家具の中でも大きく場所をとるものでもあります。
ソファーの色目が黒い場合は、風水的にあまりよくありません。

黒という色は停滞や停止を意味し、家に住む人の活力や行動力を低下させてしまいます。
そのため家の中で大きくて黒いソファーの存在はどうしても悪影響になってしまいます。
ソファーにクッションを置くことで、黒い面積を少しでも少なくするのも一つの方法です。

生活習慣の見直しも

リビングでは物だけでなく、リビングで行ってしまう生活習慣に対しても運気を悪くしてしまうNG行動があります。
注意すべきことは着ていた服をソファーに置かないということです。

くつろぐためにおいてあるソファーに乱雑に服が置かれていると、気持ちが安らぐことができません。
また乱雑な服は悪い気を持っているといわれています。
そのためそのままにしておくのではなく、脱いだ服は決められた場所に片付けるなどの習慣が必要です。

またソファーで食べることや寝てしまうこともNG行動です。
ソファーで物を食べると食べたもののカスなどが散らかってしまい、だらけている状態になってしまいます。
そのままソファーで寝てしまうと体に負担もかかりいい睡眠をとることができません。
そのため運気の低下につながるので見直しましょう。