要チェック 風水的NG物件

鬼門を知る

風水は専門的なことが多く難しいのではと思い、あまり気にしないようにしている人もいるでしょう。
一時的なことであればそういった考え方もいいのかも知れません。
しかし風水では、特に家の間取りや建て方などに大きな影響があります。

風水的にあまりいい物件ではないところに住み続けるということは、どうしても運気が悪い状態のなかで生活をしなくてはいけません。
詳しく知る必要はなくても、最低限の知識を知っておくようにしましょう。

新しい環境や住む場所を決めるときなどはこれからの生活にも大きな影響を与えます。
そこで風水的にNG物件はどのような物件なのでしょうか。

まず一番気を付けなければいけないことは鬼門です。
耳にしたことがある言葉かもしれませんが、鬼門とは家の中心に立ったときに北東にあたる位置のことです。
そしてその対称として南西の方位が裏鬼門に当たります。
この鬼門は陰と陽の境目となる場所になります。
そのため悪い気がたまりやすくなっています。

このような鬼門には必ず水回りと玄関を避けることが基本中の基本です。
また鬼門から裏鬼門を線で結んだ線上に水回りがあるのも、風水上NG物件となっています。
そう言った基本的なことだけは押さえておきながら物件を探すようにしましょう。

物件の場所

鬼門以外で気を付けておくべき点として物件が立っている場所にも注目しましょう。
物件が道のT字路の突き当りや直進の突き当りに立っている場合は、邪気がそのまま家に入ってきていしまうため、風水的にいい物件ではありません。

また物件自体が四角ではなく三角の物件やへこんだ部分がある物件も風水的によくありません。
多くの物件は正方形もしくは長方形になっていることが多いです。
そのためそれ以外の物件は形が欠けているとみなされます。
形が欠けている物件はどうしても邪気がたまりやすいといわれているため注意が必要です。

そのほかにも近くに高圧線がある物件はどうしても気の乱れが起きやすいといわれています。
またロフトのある部屋も空気の流れが悪くなりやすく、天井が低いロフト部分で寝ると運気が悪くなるといわれています。

物件の運気をあげる方法

物件を決めてから風水的に気になる部分があった時やどうしてもそこに住まなければいけない事情がある人は、自宅の中を少しだけでも変えることで運勢を良くすることができます。
まず一番大事なことは、こまめに掃除をしてきれいな状態を保つことです。
部屋を清潔に保つことがいい運勢を引き出すことになります。
また部屋を明るくして風通しを良くすることで、いい運気を取り込みやすくなります。

そのほかにも水晶や盛塩を置いて悪い邪気を払うのも効果的です。
そのほかにも観葉植物やお香をたくのも効果があります。