金運が上がる数字とは

世界中の占いで使われる

数字というものには、実は様々なパワーが宿っていると言われています。
普段何気に目にしている数字ですが、そのパワーを意識して使用することで、数字のパワーを得ることができるのです。
西洋の占いも東洋の占いも、数字をパワーを元にして考えられていますし、姓名判断なども数字が大きく関係しています。
このように、数字のパワーというものは、私たちの運命を導いてくれる、非常に重要なものであるということがよくわかります。

それぞれの数字が持っているパワーを上手く活用していくには、どのようにすればいいのでしょうか。
まずは、数字の活用方法をご紹介します。

数字パワーの活用方法

数字を使ったり考えたりするような場面は、意外にたくさん存在しています。
車に乗る人は、車のナンバープレートの番号であったり、引越しを考えている方は、部屋の番号、電話を新しく変える方は電話番号などです。
その他にも、スポーツなどでの背番号や暗証番号、くじ引きなど様々な場面で、数字を選ぶシーンに遭遇します。
こうした場面で、自分が欲しい運に合った数字を積極的に選ぶことで、その数字のパワーの恩恵を受けることが可能となるのです。

数字での吉凶の判断は、数字の大きさなどによって変わります。
2ケタの数字の場合、1から81までの数は、そのまま使用することになります。
81以上の場合は、また1からスタートすることになります。
3ケタ以上の場合は、数字をバラして数を足して判断し、「123」という3ケタの数の場合、「1+2+3」で、「6」となります。

数字

電話番号の場合は、下4ケタで判断をすることになります。
また、数字の前に「0」がつく場合は、3ケタ以上の計算方法を使用します。
たとえば、車のナンバープレートで「・・16」という場合は、「0016」と考えて、3ケタ以上の算出方法を使用します。

金運に良いとされる数字

金運に良いと言われている数字は、「24」です。
その他にも「18」、「65」も貯金ができるようになる、良い数字であるとされています。
こちらのサイトでも金運と数字の関係について詳しく説明されています。
>>数字で開運!ラッキーナンバーとその意味は?

キャッシュカードの暗証番号の合計をこれらの数字になるようにしたり、2,400円ずつ貯金をしたり、24日に貯金をしにいくようにしたりと、数字を意識するようにすると効果的です。
「32」は、くじ運に特に良いとされているため、くじで番号を選ぶような機会があったり、するときに使用すると良い効果を得られます。
ギャンブル運にも良いとされているので、競馬などで「32」を意識したりすると良いでしょう。

仕事運をアップする数字としては、一ケタ台では「8」二ケタ台では「17」、「21」、「31」、「65」が良いとされています。
ビジネスの中で、これらの数字を意識して仕事をすると、良い影響を与えてくれるでしょう。

そして、これら全てに効果的な数字が「24」です。
金運を意識したいのであれば、この「24」という数字を、ぜひ覚えておくといいですね。