使い方に気を付ける

東西南北といった方角は、風水を考える上で、欠かすことができないものです。
そして、それぞれの方位は、様々な気を持っており、それが風水において重要な役割を果たしています。

その中でも北というのは、「水」の気を持っている方位です。
水というのは、悪い物を流して浄化させる効果があります。
その一方で、水が淀むと悪い気が溜まっていってしまうため、使い方には気を付けなくてはいけないものとなっています。

水

北が持つ気が良い方向へと働いてくと、平静、柔軟性、自立心精神的な成長が起こるとされています。
これがマイナスに働くようになってしまうと、孤立、不安感といったものが強くなるとされています。

北と相性が良いカラーはクリーム色

北の方位は「水」の気であるということから、水を汚してしまうような黒やグレーといった色合いとは相性が悪くなります。
こういった色合いを置くことで、健康面が大きく損なわれる恐れがありますので、気を付けましょう。

反対に、北と相性が良いのは、クリーム色やアイボリー、柔らかいピンクといった、パステル調のカラーが良いとされています。
水自体が柔らかいものなので、同様に柔らか目のカラーが相性が良いのです。

北の方位と掃除の関係

北の方位が持つ、水の気というのは、常に動いて流れていかないと、どんどん淀んでいってしまいます。
流れていくと、浄化をする力があるのですが、淀んでしまうと悪い気をどんどんためこんでしまうため、北の方位にある部屋は、こまめに掃除をすることが大切です。

中でも、水の気が強いキッチンやバスルーム、トイレや洗面所といった水周り関係が北の方位にある場合は、特に水の気が重なるために、清潔にしておくことを心がけておく必要があります。
また、水は冷えにもつながるため、マットやライトを使用して、冷えを緩和させるような対策をとると良いでしょう。
リビングや寝室といった日頃からよく滞在するような場所の場合、水の気で冷えがひどくならないように、ラグマットやクッション、フロアランプなど温かさを連想させるものを意識的に設置するようにしましょう。
いずれも、北の方位にある部屋は、水の気が淀まないように、特に掃除には気を付ける必要があります。

北の方位と上手く付き合う方法

北の方位が持つパワーを、より高くしたいのであれば、赤い花や赤い花柄のインテリア、丸みのあるものを置くと良いとされています。
維持したいのであれば、白っぽい花や、曲線的なインテリアが良いでしょう。
丸みのあるものや、曲線的なものは、流れをスムーズにしてくれるというイメージがあるため、水と相性が良いのです。
反対に、北のパワーが良くない方向に働いているときは、水を吸う効果のある木を連想する、観葉植物など木の気があるものがおすすめです。