風水から見る財布の色

お金の住まい

年始や春といった、新年のスタートや新生活のスタートといった節目には、財布の買い替えを促す広告が多く入ります。
中でも、金運に良いとされている財布は人気が高く、多くの方に購入されています。

財布というのは、お金を入れておくための、いわゆるお金の住まいです。
住まいの環境を良くしたり、気の流れを良くしたりしておくことで、お金自身に好まれて、多くのお金が集まるようになってくるのです。
特にお財布の色というのは、風水の中でも非常に重要なポイントとなっています。
では、具体的にどのような色が、どのような効果を持っているのでしょうか。

お財布

お財布の色による効果

黄色や金色の財布は、金運アップの定番の色です。
金運アップの財布といえば黄色や金色…というイメージを持っている方も少なくないでしょう。

実際、黄色や金色の財布はお金の循環が良くなる色とされています。
しかし、お金が入ってくる量は増えますが、その分出ていく量も増えていく傾向にあります。
そのため、浪費癖のあるという方は避けたほうが良いでしょう。

ベージュの財布は、土の色ということで、お金が自分の手元に留まりやすくなるとされています。
その他にも、運気上昇にも効果があるとされていますので、新生活を始めるときなどにピッタリな色であると言えます。

白色の財布は、悪い運をリセットする浄化作用があるとされています。
金運が悪くなっているなと感じたとき、白色の財布を使うことで、そんな悪い気を浄化させてくれます。

恋愛や友情など人との縁を深めたいと思っている方には、ピンクの財布がおすすめです。
学生さんや、新社会人の方が新生活を迎えるにあたって購入するのにはピッタリな財布であると言えます。

NG財布とは

良い効果がある色の財布もあれば、中には避けたほうが良いという色の財布もあります。
では、どのような色の財布がNGなのでしょうか。

様々なものを消し去る効果があるという青色は、お金や人の縁など、様々なものが流れ出てしまうとされています。
青色が濃ければ濃いほどその効果が強くなります。
そのため、薄い青色で留めておけば、程よい浄化作用が働くようになるため、青色の財布が良いのであれば、できるだけ薄い色を選ぶようにするといいですね。

ただし、水色になると、「水」の効果が強く働き、流し去ってしまう効果が出てくると言われています。
良い運も悪い運も、すべて流し去ってしまうので、水色は避けた方がいいでしょう。

火をイメージさせる赤色は、そのイメージ通り、金運も運気も燃え上がらせて消えてしまうとされています。
ワンポイントに赤が入っている程度であればいいのですが、赤色が強く出ている財布は避けるようにしましょう。